MENU

スキンケアは化粧水だけでもいいの?

面倒なスキンケアが化粧水だけで済ませられたら、簡単でいいなと思っている方は多いでしょう。


でも、実際には肌質や保湿のタイミングなどによって、化粧水だけで十分な場合もあればうるおいが不足して乾燥しやすくなってしまう場合があるのです。


そのため、なんとなく面倒だし時短ケアがしたいからスキンケアを簡単に済ませるのではなく、保湿の本来の目的を理解しながら状況や肌質に合わせて化粧水だけのケアを実践することが大切です。


そこで、スキンケアを化粧水だけで済ませることは基本的に良くない理由や、化粧水だけで済ませてもいい場合などについて詳しく説明したいと思います。


どうしても簡単ケアで済ませたい場合にどんなコスメを使ったらいいか?をすぐに知りたい方は「スキンケアは化粧水だけで済ませたい方におすすめのコスメ」を参考にしてみて下さい。


化粧水だけのスキンケアは基本的にダメ

まず最初にはっきりさせておきたい大事なポイントなのですが、最初にも軽く触れた通り


基本的には化粧水だけのスキンケアはダメ

です。

それは多くの化粧水では本来保湿のために必要な役割を果たすことはできないからです。


化粧水だけで保湿が完結できると思っている多くの方は、そもそも化粧水にどのような役割があるのか?といった点を理解していない可能性が高いので、まずは


  • 化粧水の役割
  • 基本的に潤いは浸透しない
  • 特に夜のスキンケアは化粧水だけでは足りない

という3つの点をしっかりと抑えておきましょう。


化粧水の役割

毎日当たり前のように洗顔後は化粧水を使っていると思いますが、何のために塗っているのかわかりますか?


多くの方は「保湿のため」と答えると思いますが、半分正解で半分不正解です。


まず、普段無意識に使っている保湿という言葉には2つの意味があって、


  1. 皮脂などが少なくなった肌に一時的に保湿成分を乗せて肌を整える
  2. 肌の内部にあるうるおいを逃がさないようにするために油分を補給する

というものです。

1つ目はクレンジングや洗顔の後はどうしても皮脂が不足して乾燥しやすい状態になってしまうため「一時的な加湿」をするものです。


2つ目は肌がうるおいを保持する機能を備えている角質層に油分を与えて水分を逃がしにくくするという「保湿」です。


化粧水の多くは「加湿」はできても「保湿」をすることはできないので、あくまでも一時的にうるおいを補給するだけで根本的に肌を整えることはできないのです。


基本的に潤いは浸透しない

これも多くの方が勘違いしているのですが、基本的に化粧水は肌に浸透しないものです。


皮膚には有害な物質が染み込んでしまわないようにバリア機能を備えているため、水分などが浸透しないようにできているのです。


よく保湿成分が浸透するというような説明がされますが、これは皮膚の表面にある角質層と呼ばれる約0.02mmの薄い皮までの話で、そこから先へは水分が浸透することはありません。


そのため、化粧水を大量に使用しても水分が乾くまでの時間を延ばしているだけで根本的な対策にはならないのです。


特に夜のスキンケアは化粧水だけでは足りない

化粧水だけのスキンケアをする場合、この後でお話しするように朝だけであればまだ実践しても問題ないと思いますが、夜、メイク落としや洗顔をした後に化粧水だけでスキンケアをすると乾燥しやすくなる可能性が高いです。


なぜなら、クレンジングや洗顔料を使うことで皮膚のうるおいを保持するために不可欠なセラミドと呼ばれる細胞間脂質(油分)が流出してしまうため、水分を補給するだけではうるおいが逃げやすい肌になってしまうのです。


化粧水はその名の通り水分からできているものなので、水に溶けない脂質(油分)を配合することはできません。


そのため、メイク落としや洗顔をした後のスキンケアでは不足したセラミドなどの油分を補いような美容液(またはジェルやクリーム)などが必要なになってくるのです。


肌は乾燥すると皮脂を過剰に分泌してテカリがひどくなることがあるのでオイリー肌で困っている方ほどさっぱりとした使い心地の化粧水だけで済ませようとしがちですが、実は保湿不足が原因で必要以上に皮脂が排出されているということも多いので注意が必要です。

化粧水だけでいいという例外

ここまでは基本的に化粧水だけのスキンケアでは保湿ぶそくになってしまう、ということをお話ししてきました。


でも、実際に化粧水だけしか使わないようにしてから、お肌の調子がいいと感じている方がいるのも事実です。


そこで、基本的にはおすすめできないけど状況や肌質によっては化粧水だけのスキンケアでもいいと考えられる場合もあるので紹介しておきましょう。


具体的にどのような場合かというと


  • 敏感肌がひどい
  • メイクをほとんどしない
  • 朝、メイク前に実施するスキンケア
  • セラミド配合したオールインワン化粧品を使用

といった場合ですね。


1つずつ詳しく説明していきましょう。


敏感肌がひどい

化粧品を塗っただけでもしみたりヒリヒリするような敏感肌の場合は、症状が落ち着くまではできるだけ肌に刺激となるようなものは避ける必要があります。


敏感肌は肌のバリア機能が低下した状態なので、あれこれ化粧品を使うよりは肌に刺激の少ないものを最低限使いようにすることが大切です。


また、スキンケアにおける摩擦を減らすためにも、敏感肌向けの化粧水だけを使って肌を整える程度のケアにした方がいいことも多いのです。


メイクをほとんどしない

前にも説明したように、うるおいを保持する機能が低下してしまう要因の1つにクレンジングや洗顔のやりすぎといものがあります。


特にクレンジングは汗でも落ちないようなメイクを簡単に落とすほど洗浄力が強いので、どうしても必要な油分まで洗い流してしまいます。


でも、メイクをしない方、またはナチュラルメイクしかしないような場合はメイク落としも洗浄力の強いオイルタイプのようなものが必要ないため、化粧水だけを使用して肌を整えるだけでも問題ないことも多いのです。


もしも普段からメイクをあまりしないという方は、化粧水だけのスキンケアを試してみるのもいいと思います。
(逆にメイクをしっかりとするタイプの方には向きません。)


朝、メイク前に実施するスキンケア

朝、メイクをする前に行うスキンケアは、化粧水だけで済ませても問題ない場合が多いです。


特に朝の洗顔はぬるま湯だけで洗顔料は使わないという場合には、化粧水だけでも十分でしょう。


夜とは違ってメイクを落としたりしないので、油分などを加えなくても十分な方も多いのです。


ただし、実際にやってみて夕方になるとファンデーションの粉ふきが目立つといったことがある場合には、美容液なども使用する必要があるので様子を見ながら調整する必要があります。


セラミド配合したオールインワン化粧品を使用

純粋な化粧水とはちょっと違うのかもしれませんが、セラミドを配合したオールインワン化粧品を使っている方は、当然それ1本だけでも問題ないでしょう。


ただ、オールインワンといってもいろいろなものがあるのでなんでもいいというわけではなく、重要なポイントは肌のうるおいを保持する働きを担っている「ヒト型セラミドが配合されていること」です。


保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲンなどいろいろなものがありますが、ほとんどのものは一時的に肌の乾燥を防ぐ効果しか期待できません。


そのため、オールインワンジェルの中でもヒト型セラミドと呼ばれる人間の肌に含まれている細胞間脂質に近い成分を配合したものであれば、基本的に他のものを使わなくても必要最低限のケアは可能なのです。


だから、必要なケアちゃんとしたいけど化粧水だけで済ませたい、スキンケアはできるだけ時短したいという場合には、ヒト型セラミドを配合したオールインワンタイプの絵k商品を選んでみるといいでしょう。

スキンケアは化粧水だけで済ませたい方におすすめのコスメ

化粧水だけのスキンケアでは、うるおいを保持するために不可欠なセラミドを補給できないためおすすめはできません。


でも、どうしてもスキンケアには手間をかけたくないという場合には前にも説明したように、ヒト型セラミドを配合したオールインワンコスメがおすすめです。


時短ケアをしたいけど乾燥による小じわや肌トラブルが心配という方は1度試してみることを検討してみてくださいね。


リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

リ・ダーマラボのモイストゲルプラスは、現役の美容皮膚科医が監修し女性誌にも多く取り上げられている人気のオールインワンゲルです。


皮膚の水分蒸発を防いだりバリア機能をサポートするヒト型セラミドを配合しつつ、敏感肌でも安心できるように肌への負担となる成分を排除して7つの無添加を実現。


通常価格4,572円のところ、初回半額の2,286円(税抜)で、さらに14日間の前がん返金保証付き!


これ一本でOKだから、毎朝の準備が忙しくて時間が無い方や面倒臭がりやの方はもちろん、乳液や美容液、クリームがいらないから経済的に済ませたい方にもぴったりです。


ナチュラルエレメンツ パランシングゲル

バランシングゲルもヒト型セラミドを配合したオールインワンゲルで、肌のうるおいを保つ機能を持つ角質層のラメラ構造を整えることに注目した人気のアイテムです。


セラミドだけでなく肌のハリや弾力の維持に欠かせないコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする高級美容成分のプロテオグリカンを配合しているため、翌朝からプルッとしたうるおいと弾力を実感することができます。


肌への優しさにもここだわっており、6つの無添加を実現しているため、ニキビなどの炎症で肌荒れなど起こしている方でも使用可能です。


通常価格5,400円(税込)のところ、約30%OFFの3,725円で、リ・ダーマラボのモイストゲルプラスに比べて1ヵ月分の価格が安い(1ヵ月あたりの価格 モイストゲルプラス:2,469円、 バランシングゲル:1,863円)ので、コスパ優先という方にはバランシングゲルがおすすめです。


もちろん返金保証付きなので、肌に合うか心配な方も安心して試すことができます。